帯状疱疹は妊婦にも、退治にもできる

妊婦の帯状疱疹の関係

水ぼうそうは妊娠中にかかると危険だそうです。
帯状疱疹も水ぼうそうと同じ水泡や帯状疱疹のウイルスによって発症するので、不安に思う人も多いのかもしれない。

 

ただ、妊婦さんが帯状疱疹を発症したとしても、退治に感染することはないそうです。
帯状疱疹のウイルスが局部、つまり発症する神経の週y位だけで活動する疾患だからだそうです。

 

でも、まれに半白的な帯状疱疹とう症状があり、全身に水ぼうそうのような発疹が出る場合があるそうです。この場合はウイルスが血液中にも広がっているため、退治に感染する危険があるとのこと。これが危険なんですね。

 

そこで、普段とは違った症状を感じたらすぐに病院に行くことが重要になります。退治に影響が出る危険性や治療法などもそれぞれ異なるそうです。

 

妊婦さんが、妊娠初期から中期の13〜20周期に水疱瘡にかかった場合、約2%の退治が先天性の水疱瘡にかかり、体に何らかの異常が出る可能せがあるそうです。

 

妊娠中期以降に水ぼうそうにかかると、赤ちゃんが乳児期に帯状疱疹を発症することがあり、これは妊婦さんのウイルスが胎盤を通じて退治に感染することもわかっています。

 

なによりも、妊婦さんは、ストレスを溜めない、体を疲れないように意識し、帯状疱疹やヘルペスを発症しないようにまず心がけることが重要になります。