症状を感じたらゾビラックス

全身に発症する単純ヘルペス

子供の時に発症しやすい帯状疱疹。そのあと、体内に侵入したヘルペスウイルスは、10代から20代の間はほとんど活動しないと言われています。これは、免疫がウイルスを抑えてくれるからです。

 

しかし、30代以降になると、ストレスや疲労など、さまざまなことが関係し、どうしても免疫力が低下しがちになります。すると、ヘルペスウイルスが増殖しやすくなり、結果的にかゆみやチクチクするような痛みを起こしやすくなります。

 

帯状疱疹と比べると、単純ヘルペスは比較的症状は軽いのですが、おできやかぶれ等と勘違いされたり、そのまま放置してしまう傾向があります。単純ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型、単純ヘルペスウイルス2型という2つのタイプのウイルスが原因となっています。

 

単純ヘルペスでは性器ヘルペスがよく知られますが、これは単純ヘルペスウイルスが性器や園周辺、おしりなどに感染してしまうからです。もとのウイルスは同じなので、違和感を感じた時は、専用の薬であるゾビラックスの飲み薬、それから塗り薬(軟膏)を塗ることが重要になります。

 

基本的には、単純ヘルペスは全身のどんな部位にも存在しています。しかし、発症する確率が高いのが唇の周り、目の角膜、股間などです。

 

症状によって、軽い場合と重度の場合があるために、症状を感じたら、対処することが重要です。どうしても、単純ヘルペスは、病名で「単純ヘルペス」の”単純”をとり、簡単な病気と誤解されがちです。

 

しかし、けっして軽く考えてはいけない病気なので、心がけたいところです。