痛みを和らげるためにステロイド

痛み止めにステロイド

ヘルペスの症状としては、かゆみの他に痛みがあります。これは、発症する患者により異なりますが、痛みで、眠れないという人もいます。

 

ヘルペスの薬であるゾビラックスは、あくまでもヘウイルスを抑える作用があり、痛み止めではありません。そのため、抗ウイルス薬の痛み止めを服用することで、痛みを止めることができます。

 

副交感神経によるホルモン薬「ステロイド」を使うと、神経を和らげるために、痛み止めになります。ヘルペスの場合、痛みから始まることが意外に多く、発疹が出た後は痛みが強くなります。この痛みを和らげるために、ステロイドの薬を服用するわけですね。

 

ステロイドは、強い公園作用があり、発疹が出た後の強い痛みにも効果があります。それから、「ラムゼー・ハント症候群」などの合併症の予防や治療にも効果があることがわかっています。

 

ただし、治療にステロイドを処方することで、低交換を覚える患者もいます。最初は、体内に慣れていないために、すぐには効果は出てきませんが、服用を続けることで、次第に効果が生まれ、徐々に痛みを和らげる効果があります。

 

中には処方されたステロイドの服用も自己判断でやめてしまう人がいますが、最低でも、一週間は服用を続けること。