ゾビラックスとウイルスの関係

増殖を抑えるゾビラックス

最初はニキビかと思っていたんですが、体内の菌が原因で発症する帯状疱疹や単純ヘルペス。症状は、個人差が有り、チクチクするようなかゆみを感じる人もいれば、痛みや、ぶつぶつが出来て広がるパターンも有ります。

 

指先のササクレが赤く腫れ上がって痛み、唇が切れたような感覚で、夜眠れなくなる人もいます。これは、ヘルペスの菌が関係し、症状が起こってしまいます。

 

帯状疱疹も、単純ヘルペスも、ともに同じヘルペスウイルスの種類ですが、細かく言うと帯状疱疹の場合は水疱・帯状疱疹ウイルス(VZV)が原因です。それに対して、単純ヘルペスは、単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)と単純ヘルペスウイルス2型(HSV-2)が関係してきます。

 

ウイルスの微妙な違いは有りますが、発症すると、水ぶくれがおきます。症状が似ているために、混同しがちですが、基本的には帯状疱疹は一度しかなりません。そして、ヘルペスウイルスが、体内に進入することで、再発する恐れがあり、そのときに、起こる症状が単純ヘルペスになります。

 

そのため、単純ヘルペスの症状を感じた時に、専用の薬であるゾビラックスを利用します。症状が浅い場合は塗り薬を使い、悪化しているならば、飲み薬で、ウイルスを抑えます。

 

あくまでも、ゾビラックスを使えば、ヘルペスを完治させるわけではありません。一度、体内にウイルスが侵入すると、一生をかかて、存在します。そのため、ゾビラックスは、ヘルペスウイルスが増殖しないような役割を果たしてくれます。