アトピーと帯状疱疹

体内に免疫機能が低下することでアトピーに

電化製品の普及で、アトピー性皮膚炎の症状が、昔に比べて増えたというデータが出ています。世界ではアトピー人口約14億4千万にいるそうです。そのなかでも、日本人も同じようにアトピー性皮膚炎に悩まされている人はいます。

 

そんな中で、アトピー体質の人は、帯状疱疹や単純ヘルペスに注意が必要です。つまり、アトピーの人はヘルペスが起こりやすいということになります。

 

そもそも、アトピー性皮膚炎が発症する要因としては、体内の皮膚の水分が不足することが原因。そのために、免疫機能が正常に働かなくなることで、同じように何度も繰り返すことで、繰り返し湿疹がおき、これがアトピーになってしまいます。

 

一般的には、免疫機能が活発に働くことで、細菌やウイルスなどを防いでくれることで、異物の侵入を防いでくれます。しかし、免疫機能に異常がおこることで、血液の白血球の活動が悪くなります。そうすることで、アレルギー対捨つの人に、体に無害なものにまで過剰に反応し、アレルギー反応等炎症を起こしやすくなります。

 

これは、アトピー性気管支、アレルギー性鼻炎、なども同じ症状になります。

 

そして、アトピーは免疫機能が正常に働かないことでおオル皮膚の病気の一種なために、これはバリア機能の低下にも関係します。そのために、アトピー性体質の人は帯状疱疹や単純ヘルペスにもかかりやすいことがわかっているわけです。

 

とくに、40代以降になると、かなりの確率で発症すると言われているために、十分に注意が必要。